モリサワフォントが無料で使えるTypekit(タイプキット)の紹介 1300書体以上あり!

スポンサードリンク

有料のフォントである「モリサワフォント」を、「Typekit」を使うことで無料で利用する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

タイプキットの利用方法について、フォントの同期などの必要な部分を全て解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・システムフォントは数が少ない

・フリーフォントは見た目と知的財産権の問題がある

・有料フォントはコスト面での負担が増える

・2015年10月に、タイプキットにモリサワフォントが追加される

・ウェブサイトだけでなく、同期フォントとして使用することが出来る
 →幅広く使用できる

・フォントファミリーとしては使えない

・タイプバンクはモリサワの子会社のフォント

・アドビのフォントはフォントファミリーとして使える

・「TKボタン」をクリックすると、アドビタイプキットから同期されたフォントのみを表示する

・「Typekitからフォントを追加」をクリックでフォントを同期する
 →ブラウザは重い

・「分類」をクリックすると、その分類のフォントのみを表示する

・「表示」「おすすめ」でもソート可能

・「フォントを使用」をクリックして同期させる

・ブラウズモードを「デフォルト」に変更するとアルファベットのフォントを表示する

・テキストボックスに入力すると、その文字が各フォントに表示される

・デフォルトは1000種類以上存在している

・最低、月額2180円で有料プランが使える

《一言》

ネットビジネスでは、何らかの形で文字を入力することになりますが、その際の形、つまり「フォント」には様々な種類があります。

こだわらない人の場合は最初からインストールされているフォントだけを使うのですが、さまざまなイメージのフォントを使いたい場合にはそのイメージに合ったフォントを用意する必要があります。

幾つかの方法がありますが、お金がかかるもの、お金がかからないものなどさまざまな方法があります。

どういったイメージのフォントを使いたいのかによって必要なフォントも異なります。

数多くのフォントの中から、自分の必要なイメージに合ったフォントを探してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ