無料の動画編集ソフトAviUtlでクロマキー合成する方法

スポンサードリンク

動画編集ソフトである「AviUtil」を使って、動画に画像や別の動画を同棲する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

合成する画像の作成方法だけでなく、背景が一色の動画素材を入手する方法についても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①AviUtilを起動する
 ↓
②動画ファイルを読み込む
 ↓
③画像ファイルを読み込む
 ↓
④画像ファイルの編集画面の右上の「+」マークをクリックして「カラーキー」をクリックする
 ↓
⑤「キー色の取得」をクリックし、画像の背景をクリックする 
 ↓
⑥画像を調整する
 ↓
⑦BBの画像素材を読み込む
 ↓
⑧BB動画の編集画面の右上の「+」マークをクリックして「クロマキー」をクリックする
 ↓
⑨「キー色の取得」をクリックし、動画素材の青い部分をクリックする
 ↓
⑩動画素材の調整を行う

《一言》

「カラーキー」や「クロマキー」は、素材の特定の色を透明化するためのツールです。

背景の色が一色である画像や動画素材を用意することで、背景の色を透明化することが出来、メインの動画に素材の必要な部分だけを表示させることが出来ます。

画像素材は簡単に作れるのですが、動画素材となると自前での入手は難しいです。

そこで、ネット上にアップロードされている「BB素材」をダウンロードすることで、簡単にクロマキー対応可能な動画素材を入手することが出来ます。

これによって、動画をよりオリジナリティ溢れるものに変えることが出来ます。

画像素材に関しては、動画内ではワードアートを使用していますが、背景が一色であれば何でも構いません。

動画に一工夫付け加えてよりクオリティを高めたい場合に最適です。

また、オリジナルのオープニング用の素材としても活用できますので、是非とも自分のオリジナルの合成動画を作ってみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ