Aviutlで動画や画像を2つ以上複数同時に表示させる方法

スポンサードリンク

AviUtilを使った画像編集で、動画内に他の画像や動画の画面を表示させる方法について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

別の画面を複数表示させる方法について、各操作を実際に行いながら解説しているのでわかりやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

①AviUtlを起動する
 ↓
②動画ファイルを読み込む
 ↓
③画像ファイルを読み込む
 ↓
④拡大率を調整して画像ファイルの大きさを調整する
 ↓
⑤縮小した画像の位置を調整する 
 ↓
⑥動画の場合でも同様の手順で「縮小」「位置の変更」を行う

《一言》

動画内でも解説していますが、このテクニックはゲーム実況動画の作成時に自分の顔などを同時に撮影し、プレイしている人がどのようなリアクションをしているのかといった演出をすることに適しています。

その他にも、何らかの動画で「別の部屋ではこんな感じに」「一方こちらはこのように」といったように、同時刻の別の画面を表示することに適しています。

うまく活用することで、動画のクオリティを大幅に向上させることが出来ます。

もちろん、使い方次第では煩雑な仕上がりの動画となってしまう可能性もあるので、使用する際には十分な注意が必要です。

操作自体はかなり単純で、「縮小」と「位置変更」をおこなうだけで手軽に画面内の画面を増やすことが出来ます。

どういった場面で使うかは動画の内容や撮影環境にも依存しますが、いろんなシーンで活用することが出来ます。

初心者には撮影環境等の問題点もありますので使い所が難しいかもしれませんが、いつかは使ってみてほしいテクニックです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ