ブログやサイトのインデックスを早める「Fetch as google」とレンダリングについて解説

スポンサードリンク

インデックス速度を早めることが出来るツール「Fetch as google」の機能と、その一つである「レンダリング」について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

レンダリング機能がどのようなもので、どういったメリットがあるのか、デバイス選択とどのように付き合っていけば良いのかを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・Fetch as googleは、クローラーに巡回してもらうツール

・クローラーの視点を私達も見ることが出来る

・「レンダリング」によって、クローラーが読み取った情報を普段の視点と同じようにビジュアルで読み取ることが出来る

・ロボットテキストは、ブログの編集画面のように「クローラーに見てほしくないページ」を、クローラーからの閲覧を拒否してくれる
 →異常ではない

・クローラーの種類を選ぶことができるようになった
 →デバイスごとに判断できるようになった

・インデックス速度を高めたいだけなら、デバイスは「PC」だけで十分

《一言》

ネットビジネス初心者には少し難しい内容だったかもしれませんね。

要するに、Fetch as googleは、インデクス速度を上げるためのツールであると理解できれば、とりあえずは十分でしょう。

「レンダリング」とは、クローラーがサイトを巡回するにあたって、クローラーが自分のサイトをどういった感じに見てくれたのかを、視覚的に知ることが出来るものです。

複雑な文字列が並ぶだけの画面では、殆どの人がきちんと理解できないでしょう。

しかし、レンダリングの機能を使えば、ビジュアルで理解することができるので便利です。

もし、送信にエラーが発生した場合でも、視覚的に「どこに問題があるのか」を理解することができます。

上手に活用しましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ