VideoPadで画面の中に画面を表示させるピクチャインピクチャを作成する方法

スポンサードリンク

VideoPadを使い、動画の中に複数の別の動画や画像を小さく表示させる方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

VideoPadでの編集において、小画面を複数表示させ、音量の調整などを行う方法についてノーカットで解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①VideoPadを起動する
 ↓
②親画面となる映像をタイムラインにドラッグ&ドロップする
 ↓
③小画面にする映像を「レイヤー用動画、文字、画像クリップをここにドラッグアンドドロップ」と書かれた部分にドラッグ&ドロップする
 ↓
④「動画エフェクトの追加または編集」をクリックする
 ↓
⑤「追加」「拡大縮小」をクリックする 
 ↓
⑥数値をいじり、縮小を行う
 ↓
⑦「追加」「位置」をクリックする
 ↓
⑧親画面の邪魔にならないような位置に調整する
 ↓
⑨音声データを読み込む
 ↓
⑩スピーカーのマークをクリックし、音量を調整する
 ↓
⑪呼画面を増やす場合、同様の手順で編集を行う

《一言》

動画の中に別の動画や画像を小さく表示させる方法として紹介されています。

どういった場面で使うのかは人それぞれに異なりますが、注意したいポイントとしては「親画面」「メインとなる画面」の邪魔にならないように、必要最小限のスペースだけ使うということです。

動画では2つの小画面を用意していましたが、場合によってはあれでもメイン画面の邪魔になる可能性があります。

また、位置に関してもメイン画面の内容次第でどこにするべきかは異なりますので、常に右端に置く必要はありません。

そうした編集は、動画編集の回数をこなし、実際にアップロードして視聴者からコメントを貰った際に意見があれば参考にしましょう。

重要な事は、動画のクオリティを上げつつ、メイン画面のクオリティを下げないように編集することです。

場合によっては別の方法を選択するほうが動画のクオリティが上がる可能性があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ