PS4のゲーム実況をUstreamへライブストリーミング配信する方法

スポンサードリンク

PS4でプレイしているゲームの画面を「USTREAM」でリアルタイムに配信(ラグはありますが)する方法とその初期設定について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

USTREAMでのゲーム画面の配信について、ラグがどれくらいかなどの実際の使用感を交えて解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【PS4からのUSTREAMの初期設定および配信方法】

①シェアボタンを押す
 ↓
②「USTREAM」を選択する
 ↓
③USTREAMのウェブサイトに移動する
 ↓
④「新しいアカウントを作成する」を選択する
 ↓
⑤「ユーザー名」「メールアドレス」を入力して「次へ」を押す 
 ↓
⑥「ユーザーアイコン」を設定し「次へ」を押す
 ↓
⑦「許可する」を押す
 ↓
⑧「チャンネル名」などを入力する
 ↓
⑨「ブロードキャストを始める」を押す
 ↓
⑩シェアボタンを押し、「ブロードキャスト設定」「詳細設定」で各種設定を行う(必要に応じて)
 ↓
⑪シェアボタンを押し、「ブロードキャスト設定」「ブロードキャストを終了する」を押して終了する

・ラグは20秒程度(動画内の環境において)

・シェアボタンを押した時点で配信がされなくなる

《一言》

ゲームのプレイ内容をリアルタイムに配信する方法として「ニコニコ動画」や「YouTube」での配信が有名ですが、最近では他の方法も登場しています。

今回紹介されている「USTREAM」もその一つで、PS4から特別な設定無しで(PS4での初期設定は必要ですが)アカウントを作成し、ゲーム内容を配信することが出来ます。

使用感においても、YouTubeの配信に比べて使い勝手が良いようですね。

YouTubeやニコニコ動画以外にも生放送を配信することができるのだ、ということを理解できればとりあえずは良いのではないでしょうか。

多数のフォーマットからの配信を行うことで、自分のファンを増やす方法としては良く機能してくれるのではないかと思います。

今まで自分が使っていたツールを使っていないユーザーの興味をひく事ができ、ネットビジネスとして使っているYouTubeやブログなどの媒体に誘い入れることも出来なくはないので、興味があれば一度使ってみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ