YouTube動画の一部分を使ってカスタムサムネイルを作る方法

スポンサードリンク

YouTubeの動画再生画面の一部分を切り取って、YouTube用のカスタムサムネイル画像を作成する方法について解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

カスタムサムネイル用の画像を、画像のキャプチャから加工処理までの一連の流れを行いながら解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①動画を再生し、サムネイルにしたい部分で停止する
 ↓
②キーボードを入力してパソコンの画面をキャプチャする
 ↓
③「ペイント」を起動する
 ↓
④キャプチャした画面を貼り付ける
 ↓
⑤必要な部分を範囲指定し、切り取る 
 ↓
⑥新しいオブジェクトを開き、切り取った画像を貼り付ける
 ↓
⑦画像を保存する
 ↓
⑧画像編集ソフトを立ち上げ、1,280×720のサイズで土台を作る
 ↓
⑨切り取った画像のサイズを合わせる
 ↓
⑩その他、必要な加工を施す

・1280ピクセルと720ピクセル

・インパクトの有るシーンを使う

・チャンネルでサムネイルの雰囲気を統一させる

《一言》

かなり荒削りな方法であり、ところどころに説明が不足しているところも多い動画だったのですが、要するに「サムネイル画像は誰にでも簡単に作ることができる」ということです。

有名なアップロード者は、誰でもYouTubeのカスタムサムネイルを使用しているのが見て取れるかと思います。

逆に言えば、カスタムサムネイルを使うことで、そのチャンネルがより本格的な出来になるということにもつながります。

作り方は実に簡単、動画の一部分をキャプチャして、それをYouTubeのサムネイルのサイズ(1280×720)に合わせ、そこにテキストや色の変化などの加工を施すだけで完了です。

基本的な作り方は多くの人で共通ですが、テキストの入れ方や画像の処理の方法などにオリジナリティを表現することが出来ます。

当サイトでは、もっと凝った加工を施したサムネイル画像の作成方法も解説していますので、「これでは足りない!」と思っている人はそちらも参照してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ