iMovie上級者が使う知れば役立つ細かい機能について(スマホ・iPhone・iOS)

スポンサードリンク

iMovieに搭載されている機能のうち、色合いの変化やスピードの変化などの役に立つ細かい機能について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

どういった機能があり、実際に使用するとどのような視覚効果などを発揮するのかについて使用感を交えて解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・タイムラインの動画をタップし、下にある丸が3つのマークをタップする
 →動画の色合いを変化させることができる

・スピードメーターのマークをタップする
 →動画の速度を変更する、ウサギに近いほど早く、カメに近いほど遅くなる
   ↓
・ナレーションにも影響するので、この作業を終了してからナレーションを入れる

・画面右側の歯車マークをタップし、画面下の項目をスライド
 ↓
・「黒からフェードイン」「黒へフェードアウト」を設定できる

・カメラマークをタップすると、編集中に写真や動画を撮影することができる
 →そのままタイムラインに追加できる

《一言》

iMovieには様々な機能が搭載されているということがわかる動画だったと思います。

これらの機能は常に使わなければならないということはなく、場合によっては使うことで動画のクオリティを向上させることができるといったものです。

例えば、動画の一部をスローモーションにしたり、一部分だけ色合いを変えたりすることで、特殊な演出を実現して動画をより楽しめるものに変化させることができます。

とは言え、場合によってはせっかくの動画素材の良さを台無しにしてしまう可能性もあるため、とにかく手を加えれば良いというわけではありません。

何か一味ほしい、という時にこそ使ってみてほしい機能です。

また、複数の機能を組み合わせることで、より違った演出をすることもできます。

そういったあたりは個人の好みなども影響するので、実際に使ってみて、良いと思った効果を実際に使用してみてください。

どういった場面に使える機能であるかについても個人の動画の作成傾向などに依存するので、各人で実際に機能を試してみて考えてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ