iMovieスマホに保存してある写真でスライドショーを作る方法(スマホ・iPhone・iOS)

スポンサードリンク

iMovieの動画編集において、スマートフォンで撮影した写真を取り込み、編集を行う方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

iMovieに写真を取り込んだあとに、再生時間の変更やテキストの入力などの編集作業の方法についても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

①左下のマークをタップする
 ↓
②「写真」をタップする
 ↓
③必要な写真データを選択する
 ↓
④タイムラインに追加された写真をタップする
 ↓
⑤「ピンチで開始位置を設定」および「ピンチで終了位置を設定」で、写真の動かし方を設定する 
 ↓
⑥黄色いバーをスライドさせて、写真の再生時間を変更する
 ↓
⑦「Ken Burns」をオフにすることで、写真を動かさずに再生することができる
 ↓
⑧写真をスライドして、再生する位置を変更する
 ↓
⑨写真をタップし、「T」マークをタップする
 ↓
⑩テキストを入力して字幕を表示させる
 ↓
⑪ハサミのマークをタップすることで、動画を動かす設定が可能になる

《一言》

動画の最後でも解説していますが、iMovieでは「写真だけでスライドシューを作ることができる」という魅力もあります。

なので、動画撮影が苦手・嫌いな人でも、写真を集めることでスライドショーを作成し、動画を作って投稿することもできるのです。

もちろん、動画と静画を合わせて一つの動画にすることもできるため、動画作成の幅が広がります。

動画の再生に合わせて簡単な操作で写真を動かすこともできるので、単調なスライドショーではなく、動きのあるスライドショーとして動画を完成させることもできます。

写真をどのようにして動画に取り入れていくかについては、人によって使い方の工夫や志向は異なりますので、自分好みの方法を模索してみてください。

写真については、これも可能であれば自分で撮影した写真を使い、著作権問題に触れるような素材を使うことは控えましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ