アイフォンの動画編集アプリおすすめ3つの紹介と特徴について解説

スポンサードリンク

アイフォンで利用数ることができる動画編集アプリの中からオススメの3つ(+α)について解説している動画です。

レビュー★☆☆☆☆

《ここがオススメ》

それぞれの動画編集アプリについて、独自の視点で実際の使用感などを踏まえてオススメのポイントを解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【第3位 Hyperlapse】

・タイムラプスを簡単に撮ることができる

・タイムラプスはiPhoneのカメラアプリでも撮れるが特殊なファイル形状になっている

・どの動画編集アプリを使ってもタイムラプスの動画に

・書き出す際に速度を設定する

【第2位 Adobe Premire Clip】

・「Adobe Premire Pro」に引き継ぐことができる

・複数の動画を自動的に切り取って編集を行うことができる

・動画編集については不満もある

【第1位 iMovie】

・直感的に触ることができる

・説明書がいらないくらいに簡単な操作方法

【番外編 Videolicious】

・需要は微妙

《一言》

今回の動画は、ネットビジネスおよびスマートフォンでの動画編集の初心者には少しわかりにくいところが多いのではないかと思います、少なく見積もっても中級者向けであると言えるでしょう。

従来はパソコンでの動画編集が一般的でしたが、現在ではスマートフォンだけで動画編集からYouTubeなどへのアップロードまでを行うことができるようなアプリおよび環境が整ってきています。

今までにいくつもの動画編集アプリが登場してきていますが、実際に何個も動画編集アプリを使う必要はありません。

特に初心者の場合には作る動画の種類も限られてくるでしょうから、何個もアプリを使い分けることもないでしょう。

ただ、複数の種類の動画を作成する場合、各種動画編集アプリの持つ機能面での問題において「相性」というものがあり、Aの動画にはこのアプリ、Bの動画にはこのアプリ、というように、作成する動画の種類が異なればそれに最適なアプリも異なってきます。

1つのアプリで複数の種類の動画をまとめて編集することもできるでしょうが、使い勝手なども考えると相性の問題は重要になります。

とりあえず片っ端から使ってみて、自分と相性の良いアプリを探してみると良いでしょう。

実際の評価は、ある程度の編集実績を重ねてから初めて下すことができるものです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ