動画の一部分にモザイクを入れる方法 動画編集ソフトAviUtlで解説

スポンサードリンク

動画編集ソフト「AviUtil」の作業の一つとして、動画の一部分にモザイク処理を行う方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

移動する物体に合わせてのモザイクや、モザイクフィルタのサイズ変更など、モザイク処理の細かい設定についても解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【モザイクの入れ方】

①レイヤーの部分で右クリックする
 ↓
②「フィルタオブジェクトの追加」「部分フィルタ」をクリックする
 ↓
③+マークをクリックし「モザイク」をクリックする
 ↓
④モザイクフィルタの位置を調整し、サイズを調整する
 ↓
⑤モザイクのタイムラインを右クリックし「中間点を追加」をクリックする 
 ↓
⑥「X」をクリックして「直線移動」をクリックする
 ↓
⑦「サイズ」をクリックして「直線移動」をクリックする
 ↓
⑧モザイクフィルタの位置を調整し、サイズを調整する
 ↓
⑨必要に応じて中間点を追加して同様の作業を行う
 ↓
⑩再生してモザイクがきちんと入っているか確認する
 
・「マスクの反転」にチェックを入れると、部分フィルタのかかっている部分「以外」の部分がモザイク処理になる

《一言》

動画の中には、はっきりと映したくない部分と言うものがあり、プライバシーの保護のためにもそういった部分には「モザイク」をかける必要があります。

難しいという印象を持つ人も多いのですが、AviUtilであれば簡単にモザイク処理を行うことができます。

移動している物体に合わせてその物体にだけモザイク処理を行ったり、逆にその部分以外の全体に対してモザイク処理を行うと言った方法も実行できます。

全ての動画に必要な編集と言うわけでもありませんが、モザイクを行うことでそれなりに本格的な動画に仕上がると言った効果も期待できます。

移動している物体に合わせてのモザイク処理には少し時間がかかりますが、時間さえかければ誰にでもしっかりとしたモザイク処理を行うことができますので、必要であれば是非とも活用してみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ