マイナンバーで副業が会社にバレる?対策方法とバレる理由について

スポンサードリンク

副業の存在が会社にバレないようにするにはどういった対処をすると良いのかについて解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

副業と確定申告の存在について速足ではありますが簡単にまとめていて分かりやすいところがオススメ!

《この動画の要約》

【マイナンバーとメリット】

・一人一人に配布される12桁の番号

・行政関連の書類の手続きが簡素化されるといったメリット

・総合課税の導入によって、個人の資産が口座単位で丸わかりになるデメリット

【副業が会社にバレない方法】

・副業が会社にバレる原因は、住民税の金額の問題

・「確定申告」によって副業がバレなくなる
 →給料からひかれる「特別徴収」ではなく、自分で納める「普通徴収」ならバレない

《一言》

この記事が投稿される頃は、既に2016年の確定申告が締め切られている時期になりますね。

確定申告は、副業をしている人が必ず行う必要のあるもので、特に昨今の多様化している副業のスタイルにおいては源泉徴収を受けられない業種も多く、副業が誰にでも始められることで多くの人が確定申告の必要性が発生しています。

マイナンバー云々の話以前から、「副業が会社にバレないためには?」ということでネット上でも情報が出回っています。

会社によっては社則で副業を禁止しているところもあり、バレてしまうと最悪の場合は会社をクビになってしまう可能性もあります。

その原因は住民税の金額が会社に報告されることで、差異が生じるために副業の存在がバレてしまうのです。

確定申告を行うことで、住民税を自分自身で払うことによって会社にバレることを防ぐことができます。

確定申告が初めてである人は、早めに税務署や市役所の特設会場に赴いて、担当の人に話を聞きながら確定申告を進めていくことが重要です。

期日となる3月15日に近づくにつれて税務署も対応に追われることになるので、2月中旬の確定申告開始日もしくはそれ以前に話を聞いておくと、いざという時に対応に追われることも無くなり、安全に確定申告が行えます。

最近ではネットでの申請やネットで入力した書類を印刷して郵送で申告することもできますので、便利になっていますね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ