YouTube申立人によって収益化?他人に収益を奪われてませんか?

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードした動画が、

著作権の問題で他人から申し立てを受け、

収益を横取りされる可能性があることについて

解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

 

《ここがオススメ》

YouTubeにアップロードした動画の

収益化を妨げる可能性として

どのようなことがあるのか、

それにどういった対応をするべきなのかを

解説しているところがオススメ!

 

《この動画の要約》

 

【申立人によって収益化されています】

 

・著作権侵害の申し立てをした人に、収益の半分もしくは全部持っていかれてしまう

 

・悪質な「乗っ取り」をする人もいる

 

・「著作権を侵害している場合」「申立人によって収益の一部が持っていかれる場合」「申立人によって収益のすべてが持っていかれる場合」

 

・異議申し立てをすることで撤回される

 

・もともとは「著作権を保護する目的」で制度化されている

 

・早くに異議申し立てを行うことが重要

 

・最悪の場合は動画を削除しなければならなくなる

 

・「動画の管理」を行う

 

・正式な申し立てに対して異議申し立てを行うと、アカウント削除の可能性がある

 

《一言》

YouTubeに動画を投稿する際、

どうしても「著作権」の問題が浮上してしまいます。

 

動画というコンテンツとして、

さまざまな要素における著作権問題がありますので、

当サイトの別記事でも解説していますが、

著作権に触れない動画の作り方、

素材の集め方についてきちんと理解する

必要があります。

 

YouTubeに動画をアップロードして収益化するためには、

姿勢回数を増やすことが第一ではありますが、

根本的にその動画がYouTubeの規約に

反するものであれば、収益化どころの話ではありません。

 

そして、動画自体には何の問題が無くても、

ずるい方法を使おうとする悪意ある

ユーザーからの攻撃を受けてしまい、

せっかくの収益を横取りされてしまう

可能性があります。

 

再生回数の伸びる動画であるほどに注目され、

そうした悪意あるユーザーの目にも

留まってしまう可能性があります。

 

重要なことは、自分がアップロードして

収益化している動画をきちんと管理することです。

 

動画の管理を行うことで、

そうした悪意あるアクションにも逐一対応できますし、

何か異常があったら即座にアクションを

起こすことができます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ