インスタグラムで集客【中編】ハッシュタグの活用でビジネスに活かす

スポンサードリンク

インスタグラムとフェイスブックの機能面での違いと、「タグ」の木野について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

インスタグラムの持つ機能「タグ」を活用することで、どういった恩恵を得られるのかを実例を踏まえたうえで解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【フェイスブックとインスタグラムの違い】

・フォロー制(ニックネーム可)
 →お互いにフォローする必要が無い

・写真メイン(URLはリンク化できない)
 →フェイスブックは「文章メイン」で写真はおまけ

・タグ
 →きれいなタグは従来のSNSには無かった

【タグ】

・写真の関連キーワードを入力する
 →タグをクリックすることでそのタグを使用した写真の一覧が表示される

・フォローされていなくても、タグを見て表示してもらえる

・共通の趣味嗜好を持った人と繋がれる

・いろんなタグをつけておくことで、様々なところから見てもらえる

《一言》

今回の動画の結論としては「インスタグラムはビジネスには使わない」と言うところでした。

インスタグラムの大きな要素としては「タグ」の機能であり、そのタグをつけている投稿写真の一覧を表示させることで、そのタグに興味を持っている、つまり趣味嗜好が一致するユーザーの目に触れる可能性が高いということになります。

動画の内容で言えば「釣り」のキーワードをタグに入れることで、釣りに興味のあるユーザーの興味をひくことができる、釣りに興味のあるユーザーからのアクセスを集中させることができるということになります。

タグを一つ増やすだけで、そのタグのキーワードに興味を持つユーザーからの関心を集めやすくなります。

もちろん、ブログアフィリエイトやYouTubeと同じように、無関係なタグを乱立させることによる注目集めはやめておきましょう。

結局は損をすることになるというのは目に見えていますので。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ