ゲーム実況動画の作り方①テレビゲーム(PS4 Wiiなど)から録画する方法

スポンサードリンク

ゲーム実況動画を作るための入門編として、ゲーム画面を録画する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

キャプチャーボードなど、ゲーム実況動画を作るために必要な「ゲーム画面の録画」に必要なデバイスや実際の使用イメージなどを分かりやすく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・ゲーム実況動画を作るには、ゲーム画面を録画する必要がある

【ゲームの種類】

・PS4、PS3、PS2、PS(1)

・Wii U、Wii、GC、N64、SFC

・Xbox One、Xbox 360

・PS Vita TV

・PSP-3000、PSP-2000

・「3DS」「PS VITA」は通常の方法では録画することができない

【ゲームの録画方法】

・キャプチャーボード
 →実用的で自由度が高い

・DVDレコーダー

・ゲームレコーダー

・PS4、Xbox One

【キャプチャーボード】

・キャプチャーボードでPCとゲーム機を接続する

・PCに出力されたゲーム画面を録画する

・マイクで声を入れることもできる

《一言》

今回の動画では、「ゲーム実況動画について全く分からない」と言う人向けの、入門中の入門の内容となっています。

YouTubeでも人気のジャンルである「ゲーム実況動画」を作るには、まず「ゲーム機+ゲームソフト」「PC」そして「キャプチャーボード」が必要になります。

キャプチャーボードは、ゲームを録画するためのデバイスというよりは、ゲームの画面をPCに表示させるためのデバイスであると考えてください。

例えば、PS3のS端子ケーブルに対応していないテレビの代わりにPCに出力したい場合などにも使えます。

あとはPCをテレビ代わりに使いながらゲームをプレイし、その様子を録画して編集することが必要になります。

基本的にはプレイ画面を全て録画し、不要な部分などは動画編集ソフトでカットしていくスタイルになります。

注意したい点としては、録画した動画ファイルは基本的に録画時間に依存してファイル量が大きくなるのですが、PCによっては容量が大幅に足りなくなってしまいます。

そのため、他にも「外付けハードディスク」を用意し、保存するための容量を確保しておく必要があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ