どんなブログを作れば稼げるのかグーグルのビジネスモデルを理解すればわかる

スポンサードリンク

検索エンジンがどのようにして利益を獲得しているのかというメカニズムを、「検索エンジン」「ウェブページ」「検索ユーザー」「広告主」の相関関係のモデルで理解することで、ブログの運営方針を理解することができることを解説している動画です。

レビュー★★★★★

《ここがオススメ》

検索エンジンの利益モデルを分かりやすく解説し、そのうえでどういったブログやホームページが利益を上げることができるのかについて解説しているところが分かりやすくてオススメ!

《この動画の要約》

・インターネット上にはウェブページが無数に存在する
 
・ユーザーが簡単にアクセスするためのツールが「検索エンジン」

・検索エンジンがなければ、わざわざURLを調べて入力しなければページにたどり着けない

・検索エンジンは「企業」なので「利益」を出す必要がある
 →誰もお金を払っていない?

・Googleの収益は「広告」でまかなっている

・「ウェブページ」「検索ユーザー」「広告主」がいなければ成り立たない

・「検索ユーザー」を重要視する必要がある

・ユーザーに有益な情報を提供することでリピーターにする

・ウェブページからお金を取ると、ユーザーに有益な情報を上位表示させられなくなる
 →ユーザーが離れる

・「検索ユーザーにとって有益な情報」を提供しているサイトを上位表示させるというシステムを理解しなければならない

《一言》

「ウェブページ」「検索エンジン」という構図ではなく、これに「検索ユーザー」と「広告主」という登場人物を加えて、それぞれの相関関係を理解しなければ、儲かるサイトを構築することはできないという話です。

どんな形であれ、ブログやホームページで稼いでいこうと考えているのであれば、「アクセス数」を増やす必要があり、そのためには「検索エンジンの上位に表示させる」ことが必要になります。

しかし、そもそもに検索エンジンが上位表示させるメカニズムと言うものは、検索ユーザーの存在抜きには考えることができません。

ブログやホームページで稼いでいこうと考えているのであれば、いかに検索ユーザーにとって有益な情報を提供することができるのかということを第一に考え、自分の書きたいことを書きなぐるのではなく、検索ユーザーがどういった情報を求めているかを常に考えていきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ