Youtubeの編集機能でYoutubeにアップ済みの動画を編集する方法

スポンサードリンク

YouTubeに備わっている動画編集機能「動画エディタ」の使い方について解説している動画です。

レビュー★★★★☆

《ここがオススメ》

YouTube動画エディタの機能について、ほぼすべての機能を実際に使用しながら解説しているので実用的なところがオススメ!

《この動画の要約》

【動画エディタの使い方】

①YouTubeのトップ画面の「アップロード」をクリックする
 ↓
②「動画エディタ」をクリックする
 ↓
③編集したい動画をドラッグ&ドロップする
 ↓
④「自動修正」にチェックを入れる(つけなくても良い?)
 ↓
⑤「輝度」および「コントラスト」を調整する 
 ↓
⑥「スローモーション」にチェックを入れるとゆっくりにすることができる(10分以内の動画でないと設定できない)
 ↓
⑦「回転」をクリックすると、画面そのものを回転することができる
 ↓
⑧「動画のブレを軽減する」にチェックを入れると、手ブレを軽減することができる
 ↓
⑨動画の3本線に合わせてドラッグすると、動画の長さを調整できる
 ↓
⑩タイムライン上の「はさみ」のマークをクリックすると、動画をその時点で分割することができる
 ↓
⑪クリップ右上の「×」をクリックすると、そのクリップを削除することができる
 ↓
⑫「フィルタ」タブをクリックすると、動画の見た目を変更することができる
 ↓
⑬「テキスト」タブをクリックし、「テキストを有効にする」にチェックを入れると、字幕を表示させることができる
 ↓
⑭字幕のテキストは位置や色などを設定することができる
 ↓
⑮「音声」タブをクリックすることで、動画の音量などを調整することができる
 ↓
⑯右上の「×」をクリックする
 ↓
⑰「クリエイティブ・コモンズ動画」をクリックすると、好きに使える動画素材を表示させることができる
 ↓
⑱「カメラ」のマークをクリックすると、手持ちの画像ファイルを読み込むことができる
 ↓
⑲「音符」のマークをクリックすると、自由に使える音楽素材を表示させることができる
 ↓
⑳「??」のマークをクリックすると、動画の特殊効果を設定することができる
 ↓
?「a」のマークをクリックすると、字幕を設定することができる
 ↓
?編集作業が完了したら、右上の「公開」をクリックする

《一言》

YouTubeには、「YouTube動画エディタ」という機能が備わっていまして、簡単な編集作業を行うことができます。

本格的な編集作業は動画編集ソフトで行わなければなりませんが、アップロードした動画に簡単な編集を加えたいという時には大変便利な機能となっています。

どの機能も簡単な操作で利用することができますので、是非とも使ってみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ