Aviutlの使い方②基本的な編集方法 機能説明やカット・エフェクトなど

スポンサードリンク

AviUtilの編集の基本的な操作方法と、カット編集およびシーンチェンジの編集方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

AviUtilの基本的な操作やカット編集などを、実際に編集作業しながら解説しているのでどのような視覚効果なあるのかが分かりやすいのがオススメ!

《この動画の要約》

・メインウインドウでプレビューを行う

・プロジェクトの読み込みなどを行う

・タイムラインウインドウでオブジェクトをいじる

【AviUtilでの編集方法の基本とカット・シーンチェンジの方法】

①動画ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップする
 ↓
②「読み込むファイルに合わせる」にチェックを入れる
 ↓
③メインウインドウの再生ボタンでプレビューの動画を再生できる
 ↓
④「X座標」で動画を左右に動かし、「Y座標」で上下に動かす
 ↓
⑤「Z座標」は動画を前後に動かす、拡大率の変更でも似たような編集が可能 
 ↓
⑥「透明度」でオブジェクトの濃さを変更する
 ↓
⑦「回転」で動画を回転させる
 ↓
⑧「再生位置」は動画の再生位置を変更できる
 ↓
⑨「再生速度」で、動画の再生速度や逆再生などを設定できる
 ↓
⑩カットしたい部分にタイム来を合わせ、青いバーを右クリックして「分割」をクリックする
 ↓
⑪分割したオブジェクトをクリックしたままデリートキーを押すと削除できる
 ↓
⑫カットした部分を埋め合わせるように後ろのオブジェクトをドラッグする
 ↓
⑬動画と動画のつなぎ目部分で右クリックし、フィルタオブジェクトの追加からシーンチェンジを選択する
 ↓
⑭シーンチェンジの視覚効果を変更する

《一言》

これだけでも、それなりに本格的な動画編集ができてしまいます。

どの操作も基本的にクリックやドラッグ&ドロップで完了しますので、誰にでも簡単に操作できてしまいます。

動画の中に不要なシーンがまぎれていたら、分割して不要なシーンを削除することでカット編集が、カットした部分が不自然にならないようにシーンチェンジのエフェクトを設定するだけで本格的な編集ができてしまいます。

撮影した動画のクオリティを高めるためにも、是非とも使いこなしていきましょう。

この動画の続きはこちらです。
Aviutlの使い方③字幕とエンドロールの編集方法について

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ