動画編集ソフト不要!YouTube動画エディタで字幕テロップを入れる方法

スポンサードリンク

YouTube動画エディタを使って、アップロードした動画に字幕テロップを表示させる方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

YouTube動画エディタの機能として、どういった字幕を表示させることができるのかを実際に操作しながら解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【動画エディタを使って字幕を入れる方法】

①動画エディタの画面を開く
 ↓
②画面右上の「a」のマークをクリックする 
 ↓
③挿入したいテキストの形式を選び、タイムラインにドラッグ&ドロップする
 ↓
④字幕を挿入したタイムラインをクリックし、「テキスト」をクリックして字幕テキストの入力、文字のサイズやその他の編集を行う
 ↓
⑤改行することで字幕を2行にすることができる

・テキストの編集においては、文字の位置やフォント、バナーの高さや不透明度なども編集することができる

《一言》

動画に字幕を入れることで、動画をより見やすいものに作り替えることができます。

特に、生の声の実況であったり、そもそもに声の入っていない動画だと説明等のためには字幕を入れる必要があります。

生の声の場合は特に滑舌の悪い人は字幕を入れることで自分の言っていることを補完したり、ツッコミをいれることで動画のメリハリをもたせることができます。

本格的な字幕を入れたいと思ったら、ムービーメーカー等を使うのが良いのですが、簡単な字幕であれば動画エディタを使って十分なクオリティの字幕を用意することができます。

あまり字幕を多く活用しない人、簡単にテキストを表示させられればそれで十分だという場合には、数クリックの操作で簡単に字幕を表示させられるこちらの方が適しています。

もっと特殊効果を持たせたいという場合には何かと物足りなさを感じることもあるかもしれませんが、「ちょっとここに字幕を入れたいな」「あ!ここの部分に字幕を入れ忘れた!」なんて時には役に立つ場面も多いでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ