YouTubeで第三者の意図的な操作で動画が削除された例

スポンサードリンク

YouTubeにアップロードした動画が、第三者からの意図的な操作を原因として削除されてしまった例について解説している動画です。

レビュー★★★★☆

《ここがオススメ》

YouTubeにアップロードした動画を自分の手できちんと管理しておかないと、どういったリスクがあるのかをしっかりと理解できるところがオススメ!

《この動画の要約》

・「利用規約違反」でYouTubeの動画が削除される
 →規約違反なんてしていないのに…

【事件の概要】

・YouTubeの運営からメールでの事後報告
 →既に削除されている

・Googleアナリティクスを確認すると、いくつかの異常が発見される
 ↓
・再生回数が一気に上昇している
 →そのほとんどは外国からのアクセスだった!(一時を境に爆発的な増加)
 ↓
・第三者からの意図的な操作の証拠である

【事件の考察】

・YouTubeの運営からすれば「アップロード者の不正」も「第三者からの不正」も同じ

・カウント停止のリスクもあり得る

・異議申し立ては無意味で、全て自分の責任

・動画の管理をしていれば未然に防げた(YouTubeの運営への報告)

・自分の動画やアカウントは自分で守る

《一言》

YouTubeの動画は、利用規約に違反している場合には削除されます。

多くの場合は「著作権」の問題が絡んでいることが多く、音声ファイルや肖像権などそういった権利侵害をしていることが原因で動画を削除され、最悪の場合はアカウント停止にまで至ります。

しかし、この動画でも紹介されていますが第三者からの意図的な攻撃・操作によって、あたかも自分自身が不正操作をしている、利用規約に違反しているかのように装られてしまう可能性もあります。

まずは自分自身が利用規約をしっかりと理解して規約違反をしないこと、そのうえでアナリティクスを利用して動画をきちんと管理し、不正操作の疑いを見つけたら速やかに報告する、そういった姿勢が必要です。

YouTubeは数多くのユーザーが存在しますが、再生回数を増やしていくとどうしてもそういった悪意ある第三者の目に留まる可能性は否定できません。

動画の最後でも締めくくられていますが、自分の動画やアカウントは自分自身の手で守らなければなりません。

有料サービスならいざ知らず、無料サービスであるYouTubeに多くを求めることは間違いなのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ