YouTubeオープニング動画をVideoPadで簡単に作る方法

スポンサードリンク

動画編集ソフト「VideoPad」を使い、YouTubeにアップロードするための動画に使うオープニングを作成する方法について解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

動画編集ソフト「VideoPad」にどのような機能があるのか、組み合わせるとどのような見た目になるのかを実際に作りながら解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・VideoPadは有料ソフトだが、30日間は無料で利用可能

・「画像」と「音声ファイル」を使用(動画では「タイトルコール」も用意)

①「画像タブ」をクリックし、静止画を追加する
 ↓
②「動画用エフェクト」をクリックし、好きなエフェクトを追加する
 ↓
③「シーケンスにクリップを追加」をクリックする
 ↓
④同じ手順で画像を追加(同じものを追加する場合は違いが分かりやすいように名前を変更しておくと便利)し、エフェクトを追加してシーケンスに追加する
 ↓
⑤「音声ファイル」タブをクリックし、音声ファイルを追加する
 ↓
⑥カーソルを合わせてハサミのマークをクリックして分割し、不要な部分を削除する
 ↓
⑦「音声エフェクト」をクリックして必要なエフェクトを追加する
 ↓
⑧「シーケンスにクリップを追加」をクリックする
 ↓
⑨同じ手順で音声ファイルを追加・編集して追加する

《一言》

本格的にYouTubeで稼いでいこうと考えているのであれば、その動画を本格的な造りにする必要があり、オープニングもその一つです。

オープニングのあるなしで、その動画の本気度が違って見えてきます。

しかしながら、それなりのクオリティのオープニングを作るのは大変だと思うかもしれませんが、ある程度の素材と編集能力、時間さえあれば誰にだって作れてしまうのです。

今回の動画で解説されている「VideoPad」もその一つですが、他にも当サイトで解説している「ムービーメーカー」などの選択肢もあり、無料で利用できるものはそれだけシンプルな操作で相応のクオリティのオープニングムービーを作ることができるのです。

素材はネット上で多数配布されていますが、その素材が商用利用できるものか、限定的な使用しか認められていないかと言った点はきちんと確認しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ