サーチコンソールの基本的な見方 実際の管理画面を操作しながら解説

スポンサードリンク

「サーチコンソール」に登録することのメリットと、実際にどういった使い方をするのかを解説している動画です。

レビュー★★★☆☆

《ここがオススメ》

サーチコンソールに登録した後、実際にどういった使い方をすればよいのか、どういったメリットがあるのかを分かりやすく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

【サーチコンソールとは?】

・元々は「ウェブマスターツール」

・Googleが提供する、「ウェブサイト運営者がサイト運営をしやすくするため」のツール

・クローラーが見やすくなる

・サイトの改善点を教えてくれる

・ペナルティの有無を調べられる

・「Googleアナリティクス」では分からないキーワードが分かる

・「被リンク」が分かる

【サーチコンソールの使い方】

・サイトマップを登録することで、クローラーがサイトを見る機会が増える
 →サーチコンソールのサイトで登録できる

・「Fetch as Google」をクリックし、記事のページのURLを入力することでクローラーがすぐに記事を確認してくれる(1か月500記事まで登録可能)
 →インデックス速度が上がる

・「メッセージ」をクリックすることで、サイトの改善点を確認できる

・「検索トラフィック」「手動による対策」で、手動ペナルティの有無を確認できる

・「検索トラフィック」「検索アナリティクス」で、キーワードを調べられる
 →Googleアナリティクスでは分からないキーワードも調べられる

・「検索トラフィック」「サイトへのリンク」で、被リンクを調べられる

・検索アナリティクスはダウンロードもできるので管理しやすい

《一言》

サーチコンソールは、以前は「ウェブマスターツール」として利用されていたツールです。

ネットビジネスを運営するにあたってブログやホームページを運営する際には必ず必要なツールですので必ず登録しておきましょう(サーチコンソールの登録方法は別記事で解説しています)。

サイト運営に際して有益なツールを数多く搭載し、しかもそれらを無料で利用することができるので、経済基盤の弱いネットビジネス初心者でも利用することができます。

全ての機能を最初から活用していくのは初心者には難しいかもしれませんが、サイト運営に際して次第に必要になるであろう機能を搭載していますので、徐々に活用できる機能を増やしていきいましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ