フロントエンドとバックエンドでセールスレターの書き方の違い

スポンサードリンク

セールスレターを執筆する際に、「フロントエンド」と「バックエンド」でそれぞれどういった文章が適しているのかを解説している動画です。

レビュー★★☆☆☆

《ここがオススメ》

フロントエンド、バックエンドそれぞれのセールスレターの書き方を詳しく解説しているところがオススメ!

《この動画の要約》

・コピーライティングのスキルを上げる際に、コピーライティングだけに注目してもダメ

・フロントエンド = 一番最初にお客さんとの接点になる商品、集客用商品

・バックエンド = 利益追求用の商品、フロントエンド商品購入者向け

・フロントエンドとバックエンドで書き方が変わってくる

・フロントエンドでは「短期的に成果を出せる」ことを前面に押し出す

・バックエンドでは「信頼性の高い」ことを前面に押し出す
 →フロントエンドで既に商品の良さを理解してもらえている

・商品の背景を知ったうえで書かないと良い文章にならない

・フロントエンドとバックエンドの位置づけをしっかりと理解したうえで書かないと意味が無い

《一言》

コピーライティングのスキルを高めるためには、フロントエンドとバックエンドの位置づけをしっかりしたうえで書いていかないと、意味のある文章を書くことはできないということですね。

この点、少し初心者には難しい内容のようにも思えますが、コピーライティングのスキルを高めるためには必ず覚えておかなければならないことです。

その商品がどのような位置づけの商品なのかを理解したうえで、全体図を考えながら位置づけをしっかりした状態でなければその商品に適した文章を書くことはできないのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ